乳酸菌代謝物質(乳酸菌酵素)を活用した製品開発・マテリアセラピー®の普及・マテリアセラピスト養成

日本ネオライズ

日本ネオライズ

乳酸菌代謝物質を活用した製品開発で人々の美と健康をサポートいたします。


menu

PAGE TO TOP

マテリア用語辞典

腸内フローラ
腸内に存在する細菌群のこと。多種多様な細菌がグループを形成しまとまっているようすが、花畑(フローラ)のように見えることから、このように呼称されている。

乳酸菌代謝物質
腸内細菌のうち、善玉菌と呼ばれる身体に良い働きをする細菌が生み出す物質。腸内細菌のバランスを整えるとともに、免疫機能などに働きかけるため、人間の健康の維持に欠かすことのできない物質。

マテリアリフレ
乳酸菌代謝物質配合ローションを利用して、リフレクソロジー(反射療法)を実施すること。または、弊社製品の名称。

マテリアセラピー®
乳酸菌代謝物質配合ローションを利用した美容・健康法および手法。使用者によるセルフマッサージも含まれる。

マテリアセラピスト
マテリアセラピー®を応用したセラピスト。また、乳酸菌代謝物質配合製品による美容・健康法やセルフケアの指導、製品の販売も行う。日本マテリアセラピスト協会が認定を行っており、規定の講座を受講することで、認定を受けることができる。上述のとおり、セラピー技術だけではなく、乳酸菌代謝物質に関する知識やセルフケア方法の指導についての知識も、持ち合わせる必要がある。

リンゴ果実培養細胞エキス
4ヶ月腐ることのない神秘のリンゴから抽出されたエキスを、人工的に培養したもの。神秘のリンゴの幹細胞に含まれる成分が、人間の肌の幹細胞の働きを活発にすると言われている。

マテリアアスリート
乳酸菌代謝物質を配合した機能性ローション。弊社製品の名称。

短鎖脂肪酸
人の腸内で食物繊維が分解されるときに生成される物質。酢酸、プロピオン酸、酪酸の3種が代表的な短鎖脂肪酸で、健康維持にかかせない役割を担っている。

有機酸
炭素を主成分とする化合物のうち、酸の性質のもの。腸内環境を整え、ガン細胞やコレステロール合成の抑制、エネルギーの産出など、身体に必要な働きをする。

アミノ酸
たんぱく質のもとになる成分。自然界には数百種類のアミノ酸があると言われており、そのうち生物の生命の維持に必要なアミノ酸かつ体内では合成できないものは、必須アミノ酸と呼ばれている。人間の必須アミノ酸は、9種類あると考えられている。生命の維持以外にも、疲労の回復や持久力の向上などの働きや、肌のうるおいを保つ働きがあると言われている。

バイオジェニックス
免疫の活性化やコレステロールの低下、血圧の降下、腸の調子を整える、腫瘍や血栓を防ぐ、血を作るなど、からだの機能調整や回復をうながし、防御機能を高め、病気の予防や老化制御などに働く食品成分です。

アディポネクチン
脂肪細胞から分泌される物質。脂肪酸の燃焼、動脈硬化や心筋梗塞の抑制など、さまざまな働きをしていると考えられている。

アンチエイジング
老化を防ぐ行為の総称。抗老化医学とも呼ばれる。加齢による身体機能の衰えを最小限に抑えるとともに、さまざまな要因によってダメージを受けている身体を、本来の姿、寿命、適当な状態に修正していくこともいう。

ヒスタミン
血圧の降下や血管の透過性の亢進、血管拡張などの作用を体内で行う物質。ふだんは細胞内に貯蔵されており、ケガや薬などの外部からの刺激によって活性化する。かゆみや痛みの原因になるとも言われ、アレルギーもアレルゲン物質によるヒスタミンの反応による炎症が原因だと言われている。

ヒアルロン酸
皮膚や筋肉、軟骨などを構成する主成分。関節炎や白内障、ガンの治療・手術に用いられる。また、粘性があり保水性に優れた成分であることを活かし、化粧品などにも利用されている。経口摂取した場合には、皮膚の水分量が増加したという報告もある。

コラーゲン
皮膚や腱、骨、軟骨などを構成しているたんぱく質のひとつ。人間の場合、体内のたんぱく質の約3割がコラーゲンが占めている。コラーゲンは保湿効果の高いたんぱく質であり、化粧品などに利用されている。

プロバイオティクス
ヒトの体内で、良い働きをする微生物。または有用な微生物を含んだ製品・食品。LG21乳酸菌や乳酸菌LS1などの動物性乳酸菌やラブレ菌などの植物性乳酸菌、納豆菌などが知られている。

イソフラボン
大豆などマメ科の植物に多く含まれるポリフェノールの一種。乳がんや子宮頸がん、前立腺がんのリスク軽減だけでなく、更年期障害や特定の型の糖尿病にも効果があると言われている。

GABA
γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)の略称。ヒトの体内だけではなく、植物や動物の体内にも存在するアミノ酸の一種。主に神経伝達物質として機能し、リラックス効果や沈静効果があると言われている。

ビタミン
炭水化物・たんぱく質・脂質を除いた生物が生きるために必要な有機化合物のこと。ほとんどのビタミンはヒトの体内で生成できないため、食べ物などで摂取する必要がある。

ミネラル
有機物以外で生き物が生きていくための必要不可欠なもの。有機物に含まれる炭素・水素・窒素・酸素以外の元素のことを指す。ミネラルは、ヒトの身体のなかで生成できないため、食事等で採る必要がある。

自律神経
自律神経は、身体の器官を常にコントロールしている神経。交感神経と副交感神経がある。交感神経は活動が活発な昼間や活動時に活発に働く。一方、副交感神経は睡眠時やリラックスしている状態の時に活発になる。

交感神経
交感神経系は、自律神経系の一つ。「闘争と逃走の神経」などとも呼ばれるように、激しい活動を行っている時に活性化する。

マテリア製品の体験会、マテリアセラピー講習会


株式会社日本ネオライズ

株式会社 日本ネオライズ 〒194-0013 東京都町田市原町田2-2-1-3F TEL:042-739-3945

Copyright(C) NIHON NEORISE Co.,Ltd. All Rights Reserved.