乳酸菌代謝物質(乳酸菌酵素)を活用した製品開発・マテリアセラピー®の普及・マテリアセラピスト養成

日本ネオライズ

日本ネオライズ

乳酸菌代謝物質を活用した製品開発で人々の美と健康をサポートいたします。


menu

PAGE TO TOP

梅雨の時期に気をつけたい食中毒

梅雨の時期に気をつけたい食中毒

~今話題!!「腸内フローラ」の改善~
今年の梅雨は長いですね。じとじとした梅雨から、急激に暑い夏へ…。
梅雨の時期は気温と湿度の両方が上昇し、細菌が繁殖し一年でもっとも食中毒に気をつけなければならない時です。
近年、冷凍・冷蔵技術が進歩した為、食中毒は減ってるように思われています。
ところが厚生労働省の統計調査では50年にわたり、毎年25,000人~40,000人もの食中毒患者が発生しているそうです。
驚きの数字ですね。食中毒は同じものを食べても食中毒になる人とならない人がいます。
この違いは、体の「免疫抵抗力」の強弱の差であり、「免疫抵抗力」は腸内に存在する腸内細菌が大きく関与しています。
体の免疫や、抵抗力が強い人は、善玉菌と呼ばれる腸内細菌が腸内に多く存在しており、これらが食中毒を起こす菌を抑えてくれる為、食中毒になりにくいのです。
乳酸菌代謝物質は、腸内細菌のバランスを整え、免疫作用に直接働きかけることにより腸内環境を整えます。
『ネオスBS-1』BS-1で免疫を高め環境を整える事が、食中毒にならない為の重要なカギとなります。


マテリア製品の体験会、マテリアセラピー講習会


株式会社日本ネオライズ

株式会社 日本ネオライズ 〒194-0013 東京都町田市原町田2-2-1-3F TEL:042-739-3945

Copyright(C) NIHON NEORISE Co.,Ltd. All Rights Reserved.