乳酸菌代謝物質(乳酸菌酵素)を活用した製品開発・マテリアセラピー®の普及・マテリアセラピスト養成

日本ネオライズ

日本ネオライズ

乳酸菌代謝物質を活用した製品開発で人々の美と健康をサポートいたします。


menu

PAGE TO TOP

マテリアBlog

マテリアBlog

細胞再生の鍵『ポリアミン』

乳酸菌代謝物質に含まれる『ポリアミン』はすべての細胞に存在する物質で、一般の食品では大豆やキノコ類・チーズなどの発酵物に多く含まれております。 細胞再生や正常化に関与する物質で、コラーゲン産生(蛋白合成)や皮膚/筋肉の抗老化・抗炎症作用が注目される成分です。 マテリアは最新のメタボローム解析により517種類の有効成分が特定され、高濃度のポリアミン等が確認されました。 すべての生物の細胞の...

詳細ページへ


乳酸菌代謝物質に含まれる注目の生理活性物質

生物の細胞増殖を担う(成長因子)『ポリアミン』! 発酵の力「乳酸菌代謝物質」 乳酸菌代謝物質(乳酸菌酵素)は腸内細菌である乳酸菌たちがつくり出す天然物質で、本来は機能性食品の原料素材です。 その代謝物には多種のアミノ酸・ビタミン・ミネラル類をはじめ、ポリフェノール等の抗酸化物質が数多く含まれております。 また、注目の成分である成長因子のポリアミンは、多くの生物の細胞再生に必要不...

詳細ページへ


謹賀新年

新たな年を迎え、謹んで新春のお慶びを申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 昭和から平成に元号が替わり30年、昨年は私たちにとって多くの教訓を残す1年でした。 大雪、豪雨、台風、猛暑、地震・・・。特に多くの地点で24・48・72時間降水量が観測史上1位となるなど、広範囲で長時間の記録的な豪雨は「平成最悪」の被害となりました。 それは私たち一人ひとりの“当たり前...

詳細ページへ


~マテリアを科学する~

2018年は、1月と4月に元大阪市立大学教授の羽間鋭雄先生の特別講演会が開催されました。 1月の第3回学術セミナーのテーマは、マテリアの『皮膚生理学・運動生理学からみる考察』と題して、生体電子レベルの興味深い内容で、羽間先生のバブルチェンバーが示すマテリアによる電子(-e)の透過性の機序は、今後更なる可能性が確信できるお話しでした。 また、マテリアの主原料である「乳酸菌代謝物質」が最新...

詳細ページへ


2018年を振り返って・・・

 2018年も残すところわずかとなりました。 本年もご愛用者様、代理店様各位には格別なるご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。 社員一同、心より御礼申し上げます。  乳酸菌代謝物質はメタボローム解析により517種類の成分が特定され、一般の栄養素だけではなく私たち人間(動物含む)の生理機能に関わる物質が確認され、その神秘が明らかになって参りました。 特に生理活性物質であるポリアミンや菌体...

詳細ページへ


スッキリ!ほっそり♪二の腕

これから夏に向けて…気になるパーツの一つに二の腕があるのではないでしょうか? 腕はとてもむくみやすい箇所で、そのむくみを放っておくと脂肪となり、結果二の腕が太くなる…という事にもつながります。 特に二の腕の背面のたるみは、体全体のたるみをイメージさせやすいので全身がもったりと見えてしまうかも…。 また、意外と多いお悩みとして…二の腕のぶつぶつもありますよね。 マテリアセラピーを活用して、ス...

詳細ページへ


『コーチング クリニック』にマテリアアスリートが掲載されました

ベースボール・マガジン社の『コーチング クリニック』(3/27日発売)マテリアアスリートが掲載されました。 同紙はスポーツ医学/スポーツ科学の視点からスポーツ業界で活躍される監督・コーチの指導者・ドクター・トレーナー・選手の為の科学情報誌です。 今回は“痛みの処方箋”と題し、痛みのメカニズムやコントロール法の特集の中で「マテリアアスリート」が紹介されました。 ➡詳細はこちら(P...

詳細ページへ


夏へ向けて

桜の季節も過ぎ、初夏を思わせる陽気も少しずつ顔を見せ始めてきました。 これから初夏、夏へ向けて肌を露出する事も多くなり、お肌のケアも大切ですが、まずは見た目をスッキリさせたいところです。 女性が気になるパーツの一つに二の腕があるのではないでしょうか? 腕はとてもむくみやすい箇所で、そのむくみを放っておくと脂肪となり、結果、二の腕が太くなる。という事にもつながります。 特に二...

詳細ページへ


アレルギー性鼻炎

【アレルギー性鼻炎】 風邪を引いたわけでもないのに、「くしゃみ、鼻水、鼻づまり」に悩まされる『アレルギー性鼻炎』。 アレルギー性鼻炎は、年間を通して起こる「通年性」と一定の季節に限り起こる「季節性」と2種に分けられます。 通年性は、ハウスダスト(主にダニ・ほこり・ペットなど)、季節性は花粉症(スギ・ヒノキ・ブタクサなど)がアレルゲンとなります。 アレルギー反応のしくみは、ア...

詳細ページへ


花粉症対策①

今朝は春の嵐で凄かったですね。 日中は、最高気温が20度を上り5月上旬の気温になりました。 今月はスギやヒノキの花粉の飛散量が心配されます。 年々花粉の飛散量は増加する傾向にあり、今後ますます予防対策大切になってくると思われます。 桃の節句を明後日に控えようやく春らしくなってきましたが、多くの方が悩むこの時期がやって参りました。花粉症の方はもう大変ですね。 マスクや薬...

詳細ページへ



マテリア製品の体験会、マテリアセラピー講習会


株式会社日本ネオライズ

株式会社 日本ネオライズ 〒194-0013 東京都町田市原町田2-2-1-3F TEL:042-739-3945

Copyright(C) NIHON NEORISE Co.,Ltd. All Rights Reserved.