2021.04.22

腸内で生成されているストレスホルモン!?


腸内フローラとは、腸内細菌叢のことをいいます。腸内に棲んでいる腸内細菌たちは人間の体に欠かせない様々な物質を産出しています。その中には体を正常に働かせる為のホルモンが含まれています。特に腸では食べ物の消化に関わっているホルモンが多く作られていて、腸内フローラの状態が正常なら、このホルモンがスムーズに作り出されます。
お腹の調子が優れなく、消化不良などを起こしてしまいがちな人は、腸内細菌たちの元気がないのかもしれません。
腸脳相関と言われるように、腸内フローラの状態と心は密接につながっています。ストレスを感じると、副腎からストレスに反応するホルモンが分泌されることが分かっていますが、このホルモンには、危険や脅威が迫ってる時に、それを解決する為のエネルギーを作る作用があります。
しかし、このホルモンが過剰分泌されてしまうと腸に悪い影響を及ぼしてしまいます。腸内フローラが乱れ、体に備わっている防衛機能が低下してしまうのです。
対策としては、腸内に棲む腸内細菌の栄養となる物を摂って、腸内環境を整えてあげればストレスホルモンが減少するという研究結果も出ています。