2021.11.18

お年寄りの寒暖差疲労にご注意を!

最近は、昼間は非常に気持ちの良い秋晴れで、20度近い気温を記録する場所も多くなっています。
ですが、一転して夜は10度を下回り1桁になり、とても寒さを感じる日が続いています。
いわゆる『寒暖差疲労』については、最近になってニュース番組等で取り上げられる事もあり、見たり聞いたりした事のある方も多くなっていると思います。
寒暖差疲労の定義としては(諸説ありますが)前日比、日内変動などの気温差が5℃以上ある場合に自律神経を乱しやすく、体調に変化を及ぼすとされています。
そこで気を付けなければならないのが“お年寄りの体調管理”です。
気圧や寒暖差の大きいこの時季、体温や発汗を頻繁に調節しなければならないため、『交感神経』『副交感神経』のバランスを保つことが難しくなってきます。
この寒暖差のある時期は、誰でも体調を崩す可能性がありますが、特にお年寄りは、加齢により体温を調節する機能が低下しているため、寒暖差に適応する事が難しくなってきています。又、自覚症状も乏しく、ご自身の体調の変化を見逃してしまう事もあります。

その為、この寒暖差の大きい時期は、お年寄りの体調の変化を気にしてあげる事が大切になります。
運動不足になりやすい時季でもありますので、マテリアをお持ちの方は、是非積極的に塗布&ボロ出しをして、滞留物を流し自律神経調整をしてあげましょう!
リンクに貼った入浴法もおススメです♪


 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□
マテリアリフレ
■□■□■□■□■□■□■□■□■□
マテリアアスリートプロ
■□■□■□■□■□■□■□■□■□
マテリアアスリート
■□■□■□■□■□■□■□■□■□
寒暖差疲労に関する記事はこちらから
■□■□■□■□■□■□■□■□■□