2021.12.24

何故起こる?冬の関節痛~前編~

冬は身体の不調が様々出てきますよね?
そんな中で今回ピックアップするのは“関節痛”
関節痛を引き起こす原因は様々ありますが、冬の寒い時季に挙げられる要因は“血行不良”なんです。

寒さによって血管の収縮が起こる為、血行が悪くなったり、酸素や栄養素の循環が滞ったりして、身体に老廃物が溜まりやすい状態になります。
また、周辺の筋肉まで硬くなってしまう為、腰・膝・肩などのよく動かす部分には、いつも以上に大きな負担がかかってしまい、痛みが出てしまいます。

関節に新鮮な栄養素を持った血液が届かなくなると神経痛、腰痛、関節痛、頸椎の痛み、五十肩、ヘルニア、坐骨神経痛、足首の慢性的な痛み、末端の痺れなど多くの症状が現れる可能性が一気に上がります。
そして、これを放置してしまうと、更に悪化してしまい、慢性的な『持病』になってしまう可能性があります。
この様にならない為に、誰にでも出来る簡単なケアがあります。
それは、『身体を温め、血行を良くする事』です。

入浴時も、面倒くさくなってシャワーだけで済ませていたりしませんか?
湯船に浸かる事は、冷えた身体を温めるだけでなく、この様な関節痛をケアをしたり、その他にも沢山のメリットがあります。
関節痛でお困りの方は、誰でも簡単に出来るケア方法として、『身体を温め、血行を良くする事』に注意を向けてみて下さい!

次回は、マテリアを活用した関節痛のケア方法をご紹介致します。
おたのしみに♪


【入浴】に関する記事はこちらもチェックしてみて下さい!
12月14日更新●『入浴に於ける科学的メカニズム』の記事はコチラ